フリーランスのための確定申告コーナー

私が見てきた仕事獲得ができるフリーランスの特徴!

最新の記事

  • 仕事がなければエージェントに登録を 仕事がなければエージェントに登録を 仕事を探しているフリーランスが増える一方で、良い仕事をしてくれるフリーランスを探している企業も増えてきているように感じます。双方のニーズを聞き取ってマッチングするエージェントサービスも質の高い業者が増えていて、エンジニアの方などは専門エージェントを利用して安定的に仕事を獲得されている方が多くいらっしゃいます。
  • 仕事が取れるフリーランスの特徴 仕事が取れるフリーランスの特徴 数多くのフリーランスの方々とお会いしてきましたが、成功するフリーランスの方には共通点があるように思います。良い意味での図太さや、普通の人ならめげてしまうような危機的状況もあっけらかんと乗り越えてしまうようなポジティブさを持っている方は成功しやすい傾向にあります。
  • どこまで経費で落とせる? どこまで経費で落とせる? フリーランスとして働いていると、例えば自宅で仕事をしている場合の家賃は?など、これはどこまで経費になるの??と悩んでしまう出費が出てくると思います。基本的に「事業に要する費用」は経費として認められますが、上記のような事業にもプライベートにも使うものの扱い方など、いくつか例をあげてご紹介します。意外と見落としている経費があるかも?

仕事が取れるフリーランスの特徴

仕事が取れるフリーランスの特徴フリーランスとして働くということは、自分でどれだけ仕事を取ってこれるかという点で会社員として働くよりも非常に苦労することが多くなっています。ですが、大変だからと言ってフリーランスで生計を立てることは無理なことではありません。自分で仕事を取ってくることができる人になれれば、フリーランスとして成功を収めることも不可能ではないのです。ここでは、どのような人が結果を残すことができるのかという特徴を見ていきます。

何事にも動揺しない図太さと強い信念が必要

緊急事態に直面しても、それを乗り越えるために人一倍大きな力を発揮することができれば何でも乗り越えることができます。この火事場の馬鹿力は、ビジネスシーンにおいても大いに関係することであり、特に自分の力で生きていかなければならないフリーランスにとっては非常に重要になります。フリーランスは自分で仕事を取ることが大事ですが、それ以上に信頼がないとやっていけないため、その仕事を納期までにしっかりと仕上げることが求められます。つまり、自分の仕事に強い信念を持ってきちんとできる人が成功を収めやすいということです。加えて、図太さのある人もフリーランスとしての結果を残しやすいと言えます。なぜなら、フリーランスは個人契約ですが、継続して仕事をしていたとしてもいつそれが終了となるか分かりません。相手の都合により仕事を依頼する必要性がなくなれば、もう契約しませんと言われることもあるのです。その時に動揺するようではフリーランスとしてやっていくのは難しくなります。どんな時でも大きく構え、いざという時に力を発揮できる人になることが大切なのです。

危機的状況を楽しめる人になる

不定期な収入で仕事内容も一定ではないフリーランスは、会社員などに比べると、常に危機的状況にある人であるとも言えます。ですが、成功を収めるためには、このような状況でさえも楽しめる極度のポジティブシンキングを身に付けることが大切です。納期が迫り自分が追い込まれても高いテンションで仕事をできる人というのは、芯が強くて仕事を楽しんでいる人です。そのような人も成功を収めやすい人に挙げられます。

ハードワーカーも成功を収めやすい

アスリートは結果を出すことが最大の目的であり、そのために試合前には自分の世界に入り込むということがよくあります。これは、フリーランスとして仕事をする人にも同じように当てはまるのです。仕事をしていて、気付けばお昼ご飯を食べていなかったという人もいることでしょう。このように、仕事をしながら自分の世界に入り込める人というのは、ハードワーカーであり、結果を追うためなら仕事以外のことは考えられないという特徴を持っています。常に結果を追い求めるので、このような人もフリーランスとして結果を残すことができるのです。

税理士がおすすめする記事

売上が一定額を超えたら法人化を

売上が一定額を超えたら法人化を フリーランスにとっては、個人事業主のままだと社会的な信用がありません。そのため、金融機関からの融資が受けられない等のデメリットを感じることも少なくありません。もし法人化して株式会社になれるのであれば、社会的信用を格段に上げることができます。ですが、だからといって必ず全てのフリーランスが法人化した方が良いということではありません。会社を設立して維持していくためには、かなりの費用がかかります。つまり、少しの売り上げしかないのに法人化しようとすれば、後からお金で困る可能性があるということです。そうならないためにも、売り上げが一定額を超えてから法人化することをオススメします。

小規模企業共済は全額控除

小規模企業共済は全額控除 国が関係しているということで、非常に安心感のある制度の一つに「小規模企業共済」があります。これは、個人事業主であるフリーランスや小規模な企業を運営している人にとっては、大きな節税効果を得ることができるお得な制度です。掛け金が必要になるためお金はかかりますが、その分事業を廃業した後に退職金のような形でお金を貰うことができるなど、メリットも多くあります。掛け金や払い戻してもらった共済金については、所得控除として利用することができます。全額控除できるということなので、利用している人としていない人ではかなり大きな差が生まれることになります。

提出期限を過ぎると還付金減

提出期限を過ぎると還付金減 フリーランスの確定申告は、納税のためだけに行うものではありません。場合によっては、払いすぎた税金を戻してもらう還付目的で行うこともあるのです。還付の場合であれば、期限を過ぎてから申告しても延滞税はかかりません。しかし、青色申告は65万円の控除を受けることができるということで、原則として期限内の申告をすることが求められています。つまり、その原則に反してしまうと、何らかのペナルティを課されることになるということです。ペナルティとしては、控除額の減額や青色申告の取り消し、更には還付金減少などが挙げられます。そうならないためにも、期限はしっかりと守るようにすることが大切です。

ページのトップへ